PuruPuru Exercise

1日5分でも大丈夫!

誰にでも簡単にできて、心体健康になれる!

バイブレーション気功運動法は、体を振動させるだけの簡単な方法です。

宇宙を構成する基本単位は気です。人間を構成する基本単位も気です。気を振動していると捉え、その振動に自分の細胞をシンクロするような気持ちで行いましょう。そして、自分自身の体を作っている60兆個の細胞に気を通し、活性化し、経絡の乱れを正し、体に流れる気をスムーズに循環させましょう。

(もっと詳しく知りたい方は、「たま出版・ぷるぷる健康法 著者 張永祥」をお読みください)

 

  • バイブレーション気功運動法を行うときは、リラックスできる衣類を選びましょう。

  • 基本的にはいつ行ってもかまいませんが、風呂上がりや就寝前に行うとより効果的です。
  • 食前食後の三十分間ほどは避けた方がいいでしょう。
  • 一日に最低五分は行わないと効果が出にくいと考えてください。
  • 膝の痛みのある方や激しい運動を医師から止められている方は無理をしないで、痛みの出ない、あるいは支障が出ない範囲で行ってください。


① リラックスして立ってください。そして、ゆっくり一回りして一番気持ちの良い方向を探してください。次に、肩幅に足を開いて、目を閉じ少し脇を開けて、腕をたらすような感じにします。*気持ちの良い方向が見つけられない時は、一回りするだけで結構です。そのうちに見つけられるようになります。

 


② 両手を上げ、口を大きく開けてあくびを2~3回します。難しいときは、空あくびで構いません。 慣れると、あくびができるようになります。 

 


③ 腕をゆっくりおろします。

 


④ 親指を4本の指で包み込むように握り、両肘を折り曲げて腰の位置で手前に出し、そのこぶしをへその両側あたりに置きます。その時、肩の力を抜きます。

 


⑤ そのまま腕を振動させます。自然に呼吸しながら、こぶしを上下させます。肩に力を入れずに両手を上下に動かします。1分位。

 


⑥ 膝を同じリズムで動かすようにし、全身を振動させましょう。この時、前かがみにならないように気を付けましょう。最低4分位は行いましょう。やればやるだけ効果が上がります。慣れてきたら、時間を延ばしましょう。

 


⑦ 最後にリラックス

ぷるぷるし終えたら、腕を下ろして目を閉じたまま静かにリラックスします(数分)。 この時に、自分の体の状態、気の状態等を観察するような感じにするのも良いです。そのままの状態でも座っても構いません。但し、座った時は、背筋をまっすぐに保つことを心がけましょう。

※体をぷるぷると振動させながら、足の裏から「邪気」が抜けていき、頭からはの光が降り注いでいることを思い描いて、心と体がきれいになっていくイメージや宇宙とつながるイメージをすると効果的です。